MENU

AGAの治療費用はどれくらい?治療法の相場をまとめてみた!

AGAの治療費用は高いことで有名ですよね。

 

理由はというと、自由診療扱いになってしまい、保険が効かないからなんです。

 

治療薬であるフィナステリド1錠の料金は約250円と、販売元の万有製薬(現:MSD)の公式HPで公表されています。

 

毎日1状が服用の目安ですから、最低でも1ヶ月7500円はかかる計算に。

 

それに加えて診察代や検査代もかかるので、どうしても高額になってしまうんですね。

 

さらに自由診療扱いですから料金体制も病院によって異なります。

 

そんなAGAの治療費用はどれくらいかかるのかを、代表的な3つの治療法を紹介しながら解説していきますね。

 

AGA専門のクリニックの費用の相場

一番高額となるのがAGA専門のクリニックです。

 

料金相場は以下となります。

 

初期費用:20,000〜30,000円
月々の費用:10,000〜30,000円

 

AGA専門のクリニックの場合、現状維持ではなく発毛を第一目的とします。薬を処方するでけでなく、専門的な診察や検査をするので、どうしても高額になってしまいます。

 

しかし、安全性や確実性という意味では一番優れているでしょう。

 

一般の病院の費用の相場

一般の病院での治療相場は以下のとおり。

 

初期費用:9,000〜15,000円
月々の費用:7,000〜10,000円

 

一般の病院の場合、基本的に処方料+薬代だけですので、専門クリニックよりは安く済みます。

 

ただし、専門クリニックとは違い、専門医が診察するわけではなく、詳しい診察はできません。目的も発毛というよりもAGAの侵攻を止めるのが第一目的なよう。

 

基本、薬を処方してもらうだけと考えたほうがいいでしょう。

 

輸入代行業者の費用の相場

一番安くすむのが輸入代行業者です。

 

初期費用:1,000〜9,000円
月々の費用:1,000〜9,000円

 

このように専門クリニックや病院と比べて、大分安くなっているのがわかります。

 

輸入代行業者の場合、かかる費用は薬代+送料のみ。

 

ただし、正規品の薬ではなくジェネリック医薬品となります。利用する場合はすべて自己責任となるので注意も必要です。

 

まとめ

AGAは自由診療扱いですので、どうしても治療費が高くなってしまうんですね。現在のところ、もっとも安く済ませられるのは輸入代行業者となります。

 

ですがすべて自己責任になってしまいます。

 

AGA治療には副作用も報告されているので、その点をしっかりと理解しなければいけません。

 

もし、輸入代行業者を利用する場合は、まず医療機関で診察を受けてみてからの利用がおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴